台湾での仕事の現状と、人材紹介サービス使い分け

震災以降、台湾で働きたいという日本人が増えたような気がします。

 

背景として親日国として認知されているコト、在留邦人数が多いこと、生活水準が高く、インフラ、IT、携帯などが問題なく使える事があります。

 

また観光エリアも豊富で歴史もあり、食文化も日本人好みであることも影響しているでしょう。

 

日本の会社も進出

 

日本から台湾への進出もあるので台湾の求人も探しやすいです。

 

日本人が就労ビザを容易に取得しやすいのはやはり駐在員含め、日系企業での採用、日本語教師、商社や貿易などです。

 

最近ではITや日本の飲食業も可能性ありです。

 

未経験求人はほぼ無し、過去に就いていた職歴がモノを言います。同一職種での求人を探し希望する会社を探して転職活動することです。

 

 

求人を探すには海外専門の人材紹介サービスを使うのが一般的です。(現地にツテがあればその限りではない)

 

海外を対象とした人材紹介サービスも幾つか存在し、次章で紹介します。自分の状況に合わせて使い分けてください。

 

 

台湾での働き方と、求人の探し方

 

日系企業の台湾駐在員採用

日本の会社に就職し、台湾への駐在員として働く方法です。

 

台湾で働く方法では、もっとも安心感の高い働き方です。

 

日本基準の給与が支払われ、手当も出るので、現地採用よりもはるかに年収が高いケースが多いのが特徴です。

 

勤務地が台湾での住居なども会社側が用意しているところが多く、海外移住に慣れていない人にもおすすめの働き方です。

 

以前は自社の社員のなかから海外駐在員を派遣していましたが、該当者が居ない場合や、新規で立ち上げたプロジェクトなどは駐在員を直接募集する求人も増えています。

 

人気で非公開求人なので、条件もシビア、見つかればすぐ応募するようなスタンスが良いでしょう。

 

これらの求人探しで役に立つのは「リクルートエージェント」です。登録すればアドバイザが支援してくれて企業と繋いでくれるようになります。詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 

→ リクルートエージェント(グローバル)

 

 

台湾現地日系企業で働く

台湾の日系企業には、単独で法人設立したケースと、外資系と共同出資で合弁会社を設立するケースがあります。

 

これらの日系資本が入った会社からは日本人採用の需要があるため選択肢として入れてる人も多いことでしょう。

 

主に電子・半導体メーカー、商社、小売・飲食店などのサービス業からの求人が盛んで、規模では従業員100名以下の会社が目立ちます。

 

日系であるため、社長や経営陣が日本人で、実務を行う管理職などの幹部が台湾人であるケースが多く見られます。

 

また、10名以下などの小さな職場では日本人社員が多いため、社内では日本語を話すケースもあります。

 

これらは台北市など、台湾北部に拠点を置いています。得られる給料は駐在員ほどではありませんが、目安として20万円前後は見込めます。

 

これらの求人探しで使えるのは、「パソナ台湾」です。台湾政府からも評価されていて、古くから人材の支援をしてきたので信頼できます。転職までの詳細は公式ページにてご確認を。

 

→ パソナ台湾

 

 

台湾現地企業(外資含む)で働く

台湾や外国の企業に就職して働く方法です。

 

もっともアウェー感の高い職場で、中国語に堪能であること、台湾のビジネス習慣や文化に詳しく、台湾風土になじめる社交性や柔軟性などが求められます。

 

日本人の中途採用では、日本と取り引きをしている会社からの求人が目立ちます。

 

特にIT分野などに高度な技術を持つ人は、高待遇で採用される可能性が高いので、台湾で自分の能力を思う存分発揮したい人におすすめです。

 

一方、台湾の現地企業で働くと、日本のビジネス感覚とかけ離れていることが多いので、ストレスが大きいというデメリットがあります。

 

こちらも「パソナ台湾」は役に立つでしょう。この他、海外就職に強い「JAC」という求人紹介サービスも活用してもよいですね。求人数が多く外資系にも強みがありますので。

 

→ JACリクルートメント

 

 

ワーホリ制度

ワーキング・ホリデー制度とは、休暇を利用して働ける制度で、外務省が発行するワーキング・ホリデービサを取得すると、一定期間、台湾で働けます

 

ワーキングホリデー制度は両国間の青年の交流を目的としているので、利用対象者が30歳以下に限定されており、子どもを連れていけないなどの制約があります。

 

正社員として働くのではなく短期アルバイトやパートとして働くため、和食レストランなどの飲食店やサービス業での仕事が多くなります。履歴書に書ける実績を積んだら正社員としての転職を目指すと良いでしょう。

 

求人を探すには、現地のフリーペーパーや口コミなどで探せます。現地の知人から紹介してもらう人も居ますね。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

自分自身が働きたい就業先は定まっていますか?

 

当然ですが台湾企業の求人が一番少なく、日本人の採用確度も難しいです。やはり日本人を採用したいのは日系企業であることが多いのでその周辺で求人をリサーチしていくと良いですね。

 

全体的に、正社員での日本人の求人募集で多い職種は、主に営業職やエンジニア職、そして管理職です。

 

営業やエンジニアのキャリアがある人は、採用されやすいのですが、職業経験のない新卒などの場合は日系でも採用が難しいと考えましょう。

 

逆に、一度でも台湾で働いたことがある人は、台湾のビジネス習慣に慣れていると判断されますから、採用されやすくなります。

 

 

日本人にやっぱりおすすめの働き方?!駐在員

台湾で駐在して仕事をしたい。台湾に生活の中心を移して仕事をすることは、今の日本ではそれほど珍しいことではありません。台湾は、日本人にとっては住みやすい街であり、日本人向けの商品を扱っているデパートやストリートなどがあるくらい、日本人が馴染みやすい国の一つといえます。海外で仕事をしたいという人がチョイスするには適しているこの台湾に、日本からどうやって移住し、仕事をすることができるのかをお伝えしましょう。

 

いきなり現地駐在員として、日系企業の台湾求人でで採用されようと思ったら、実績や経験、信頼がないととても採用までには至りません。

 

しかし、海外にある日系法人の組織構図として、日本人が管理者となり、その他従業員のほとんどは現地採用のスタッフであることが多く、日本人が会社の上層部として運営されていくのはどの国でもよく見られる組織の在り方です。

 

いきなり駐在員として採用されても、それが出世にかかわれるかどうかは怪しいものです。それより、日本本社と太いパイプでつながっている日系企業の台湾支社などへの出向は、着任と同時にある程度の役付きとなることが多く、リーダーシップを発揮しやすい状況で仕事を始めることができますので、そのような求人を探しましょう。

 

台湾は、中国語を母国語としていますので、仕事を勧める上でビジネスクラスの語学力は必要になります。合わせて、英語も日常会話くらいは身につけておくとよいでしょう。日本の会社から台湾駐在員になる場合は、管理職として仕事に就くことが多いです。人事管理や指導力などが必須となります。

 

 

台湾で働いた経験がある方に声を寄せて頂きました

 

台湾 最高
コンサルタントの仕事で台湾に3年間住んだことがありますが、本当に住みやすい国でした。台湾の人は、親日的で日本から働きにきていた私に大変親切に接してくださいました。当時は勤務地が台北市で現地採用でしたが日本円で給与15万円程度は頂いていて節約してました。

 

街中には繁体字で書かれた漢字があふれており、日本人ならなんとなく漢字を見てイメージがつかめます。言葉は中国語ですが、若い人は英語が話せます。また、お年寄りの方の中には日本語が話せる方もたくさんいらっしゃいました。

 

至る所に夜市があり、夜は人々であふれかえっています。私も何度か台湾人の友人に連れて行ってもらい、台湾料理を堪能しました。また、タピオカミルクティーは、日本のものより、甘く、タピオカも大きいです。専用のジューススタンドがいくつもあり、気軽に購入することができます。日本の食べ物や雑誌も、少々高めですが、購入することが可能です。

 

台湾は、日本の南にあり、暖かい国だと思われますが、冬は寒いです。雪は降りませんが、コートは必要です。また、湿気も多く、カビが生えやすい環境です。台湾の水事情はあまりよくなく、水道水は飲めません。また、水も不足しているので、節水するように何度か注意を受けました。台湾の男性は大変優しく、レディファ―ストで常に対応してくれました。本当に大好きな国の一つです。

 

台湾と日本人の関係について一言。

 

台湾と日本は歴史的にもかなり深い結びつきが存在します。かつては日本が台湾を領有していたこともあり、日本文化が台湾文化の下地として現在も深く根付いています。

 

本来的には台湾は中華民国という国名で、現在、一般的に認知されている中国――中華人民共和国とはまた別の国家なのですが、戦後の中国国内における対立から、当時すでに日本領ではなくなっていた台湾に、中華民国政府が移動する形で現状の台湾政府が誕生しました。

 

戦後はしばらく日本政府も台湾政府との国家間の交流を盛んにしていましたが、国際情勢の関係から現在では民間レベルでの交流へとシフトチェンジが為されています。

 

アジア諸国の中でも台湾はすこぶる親日的で、かつて日本領であった時代をむしろ誇らしく感じてくれている方も少なくありません。

 

日本統治時代を経験しておられる高齢者の方は当時身につけた日本語を現在も流麗に操りますし、若者層の中には現在の日本文化を非常に愛してくれている方が多くいます。

 

特に後者は哈日族(ハーリーズー)と呼ばれ、一時期、台湾における一大ムーブメント的な動きにもなりました。親日家が多く、現在も日本企業との友好的な地域という観点から考えても、台湾は日本人にとって大切なアジアの友人、ビジネスパートナーであると言えます。

 

ビジネスにおいてはITの業界で緊密な関係があります。かつて日本企業の部品メーカーとして台湾の企業がOEM製品を大量に生産してくれていました。今やその台湾企業は世界的に有名になり自社でIT機器を販売するようになり、日本との関係が対等、あるいは逆転するほどに迫っています。

 

この分野での日本人を求める求人情報もチラホラ見られますし逆に日本に台湾企業の株式会社が進出してきている傾向も見られます。日本人の働き口はそういった部分に間口や条件が広がっている状況です。

 

台湾の政党は2つ、親日・独立派と親中派です。独立派が与党となっていると中国との関係が悪くなり、経済制裁を受け苦しくなる傾向があります。私達日本はそんな台湾に手を差し伸べ協力していくタイミングだと思います。