台湾での仕事の現状と、人材紹介サービス使い分け

震災以降、台湾で働きたいという日本人が増えたような気がします。

 

背景として親日国として認知されているコト、在留邦人数が多いこと、生活水準が高く、インフラ、IT、携帯などが問題なく使える事があります。

 

また観光エリアも豊富で歴史もあり、食文化も日本人好みであることも影響しているでしょう。

 

日本の会社も進出

 

日本から台湾への進出もあるので台湾の求人も探しやすいです。

 

日本人が就労ビザを容易に取得しやすいのはやはり駐在員含め、日系企業での採用、日本語教師、商社や貿易などです。

 

最近ではITや日本の飲食業も可能性ありです。

 

未経験求人はほぼ無し、過去に就いていた職歴がモノを言います。同一職種での求人を探し希望する会社を探すことです。

 

 

求人を探すには海外専門の人材紹介サービスを使うのが一般的です。(現地にツテがあればその限りではない)

 

海外を対象とした人材紹介サービスも幾つか存在し、次章で紹介します。自分の状況に合わせて使い分けてください。

 

 

台湾での働き方と、求人の探し方

 

日系企業の台湾駐在員採用

日本の会社に就職し、台湾への駐在員として働く方法です。

 

台湾で働く方法では、もっとも安心感の高い働き方です。

 

日本基準の給与が支払われ、手当も出るので、現地採用よりもはるかに年収が高いケースが多いのが特徴です。

 

台湾での住居なども会社側が用意しているところが多く、海外移住に慣れていない人にもおすすめの働き方です。

 

以前は自社の社員のなかから海外駐在員を派遣していましたが、該当者が居ない場合や、新規で立ち上げたプロジェクトなどは駐在員を直接募集する求人も増えています。

 

人気で非公開求人なので、すぐ応募するようなスタンスが良いでしょう。

 

これらの求人探しで役に立つのは「リクルートエージェント」です。登録すればアドバイザが支援してくれて企業と繋いでくれるようになります。詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 

→ リクルートエージェント(グローバル)

 

 

台湾現地日系企業で働く

台湾の日系企業には、単独で法人設立したケースと、外資系と共同出資で合弁会社を設立するケースがあります。

 

これらの日系資本が入った会社からは日本人採用の需要があるため選択肢として入れてる人も多いことでしょう。

 

主に電子・半導体メーカー、商社、小売・飲食店などのサービス業からの求人が盛んで、規模では従業員100名以下の会社が目立ちます。

 

日系であるため、社長や経営陣が日本人で、実務を行う管理職などの幹部が台湾人であるケースが多く見られます。

 

また、10名以下などの小さな職場では日本人社員が多いため、社内では日本語を話すケースもあります。

 

これらは台北市など、台湾北部に拠点を置いています。得られる給料は駐在員ほどではありませんが、目安として20万前後は見込めます。

 

これらの求人探しで使えるのは、「パソナ台湾」です。台湾政府からも評価されていて、古くから人材の支援をしてきたので信頼できます。詳細は公式ページにてご確認を。

 

→ パソナ台湾

 

 

台湾現地企業(外資含む)で働く

台湾や外国の企業に就職して働く方法です。

 

もっともアウェー感の高い職場で、中国語に堪能であること、台湾のビジネス習慣や文化に詳しく、台湾風土になじめる社交性や柔軟性などが求められます。

 

日本人の中途採用では、日本と取り引きをしている会社からの求人が目立ちます。

 

特にIT分野などに高度な技術を持つ人は、高待遇で採用される可能性が高いので、台湾で自分の能力を思う存分発揮したい人におすすめです。

 

一方、台湾の現地企業で働くと、日本のビジネス感覚とかけ離れていることが多いので、ストレスが大きいというデメリットがあります。

 

こちらも「パソナ台湾」は役に立つでしょう。この他、海外就職に強い「JAC」という求人紹介サービスも活用してもよいですね。求人数が多く外資系にも強みがありますので。

 

→ JACリクルートメント

 

 

ワーホリ制度

ワーキング・ホリデー制度とは、休暇を利用して働ける制度で、外務省が発行するワーキング・ホリデービサを取得すると、一定期間、台湾で働けます

 

ワーキングホリデー制度は両国間の青年の交流を目的としているので、利用対象者が30歳以下に限定されており、子どもを連れていけないなどの制約があります。

 

正社員として働くのではなく短期アルバイトやパートとして働くため、和食レストランなどの飲食店やサービス業での仕事が多くなります。

 

求人を探すには、現地のフリーペーパーや口コミなどで探せます。現地の知人から紹介してもらう人も居ますね。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

自分自身が働きたい就業先は定まっていますか?

 

当然ですが台湾企業の求人が一番少なく、日本人の採用確度も難しいです。やはり日本人を採用したいのは日系企業であることが多いのでその周辺で求人をリサーチしていくと良いですね。

 

全体的に、正社員での日本人の求人募集で多い職種は、主に営業職やエンジニア職、そして管理職です。

 

営業やエンジニアのキャリアがある人は、採用されやすいのですが、職業経験のない新卒などの場合は日系でも採用が難しいと考えましょう。

 

逆に、一度でも台湾で働いたことがある人は、台湾のビジネス習慣に慣れていると判断されますから、採用されやすくなります。