台湾での駐在求人を見つけて採用されるためのスタート

MENU

駐在員を募集している求人と出会うために

 

台湾で働く場合、現地で採用される方法と、本社で採用されて駐在員として現地に派遣される方法があります。

 

現地採用に比べて駐在員での採用は、日本企業に籍を置いて働くことになるので、日本での待遇と変わることなく働けるのが最大のメリットです。(転籍、出向という契約になることもありますが)

 

渡航手続きや現地の住まいの手配なども会社が行ってくれるケースが大半ですから、台湾への引っ越し手続きも現地採用に比べて簡単ですむのも大きな魅力です。

 

待遇面でも日本企業の方が充実しているケースが多いので、安心して働けるというメリットもあります。

 

 

基本的に駐在の求人は少ない、可能性のある業界

 

台湾での駐在員求人が多い業界は、商社やエンジニアリングやIT関係、飲食・サービス店のエリアマネージャでも出てますかね。

 

日本と台湾は友好関係にあり、さまざまな企業が取り引きを行っています。

 

台湾に進出する商社も多く、多岐にわたる分野で商品の輸出入が盛んに行われています。

 

また、台湾では半導体や液晶などの電子部品メーカー、コンピューター機器、電子機器、光学機器メーカーが非常に多く、日本企業も多く進出しています。

 

このほか、ゲームのプログラミング、IT関係の技術職としての転勤も増えています。

 

近年では小売などのサービス業の進出がめざましく、アジア進出の橋頭堡として台湾にアンテナショップを出店する企業も目立ちます。

 

求人を探すには、リクルートエージェントを使うのが良いでしょう。国内で登録して使えて仕事や会社を1件1件紹介してもらう事ができます。

 

台湾が関係する会社の求人を紹介してほしいと依頼すればOKです。担当者を付けてもらえます。

 

 

営業、エンジニア、管理職なら本社採用ありか

 

台湾勤務の駐在員求人の職種はさまざまです。

 

そのなかでも多いのが商社や貿易会社の営業職、IT企業のエンジニアなどの技術職、飲食店や小売店などサービス業の店長です。

 

  • 営業では主に、台湾での販路開拓や流通ネットワークの構築などを行います。
  • 技術職では現地での技術指導、生産管理などのマネージメント業務が主な業務です。
  • サービス業で働く場合は、新規店舗の出店業務とマネージメントなどを行います。

 

いずれも現地の商習慣や市場についての詳しい知識が必要であると同時に、グローバル感覚で仕事に取り組む姿勢が求められます。

 

本社採用されやすい人材とは

 

台湾勤務の駐在員求人の募集要件では、ビジネス英語ができることが最低限の条件になり、これに中国語が話せることを採用条件にする会社も少なくありません。

 

募集要項は会社や職種によって異なりますが、マネージメント能力が求められることが多く、リーダーシップが発揮できる人が駐在員として採用されやすくなります。

 

また、海外での勤務は困難に直面することが多いので、トラブルにしっかりと対応できる問題解決能力、プレッシャーをはねのける強いモチベーション、困難に負けないメンタリティが求められます。