営業マンの求人は多め、台湾市場と対日系企業ビジネス

MENU

台湾で営業の求人

 

台湾の海外営業では外資系企業や代理店に対し、自社製品やサービスの売り込みや技術の提供などを行うのが主な仕事です。

 

日本企業が台湾に事業拠点をおいて日本人スタッフを採用するケースが多いのですが、台湾企業が日本企業をターゲットに営業展開する際に、日本語が話せるスタッフとして日本人の求人を募集するケースもあります。

 

 

 

市場調査を行ってどのようなニーズがあるのかを分析し、営業戦略を立てて、受注活動やプロモーション、プレゼンテーションなどを行います。

 

その業界の知識があると優遇されますが、海外での営業経験があれば、業界未経験でも採用する企業が多いので、海外営業の実力を試したい人は、積極的に応募してみしょう。

 

 

 

当然ですが語学を要件とする求人が多いです

 

TOEIC800点程度のビジネス英会話が話せること、日常会話ができる程度の中国語の語学力が求められます。

 

また、海外での営業経験が求められるケースが多く、海外営業の経験のあることを採用条件にしている求人が多いので、未経験者の人は注意が必要です。

 

海外で新規顧客開拓を行い、販路か拡大の実績があれば、大きなアドバンテージとなります。台湾での商習慣に詳しい人も、優遇されますね。

 

自社の商品や、業界全体について詳しい知識を持っていること、自社製品の強みをアピールできること、顧客と仲良く慣れるコミュニケーション能力なども必要です。

 

営業職は売上目標など、明確な達成ラインが決められます。目標達成に向けて全力を注げる情熱と体力がある人に向いている職業です。

 

 

 

台湾の日系企業でも基本給と歩合制

 

営業職の一般的な給与は、18万〜30万円程度です。

 

また、業績によるインセンティブ制度を採用している会社も少なくありません。

 

日系企業の場合は住宅手当などが支給される場合が多いのですが、外資系企業ではこれらの手当がすべて給与に含まれているケースが多いので、事前に確認しましょう。

 

また、自分で働く時間を決めるフレックス制度を採用している会社もあります。