日本人を相手にする台湾の観光業は人気、求人情報は出ているか

MENU

台湾でのホテル業、旅行・観光業の求人概要

 

台湾でホテル、旅行・観光業の求人はたくさんあります。

 

台湾は人気の観光国です。

 

日本から旅行に来る人も多いため日本語が話せて、きめ細かなサービスが提供できる日本人の需要が高いのです。

 

(とはいえ台湾人も日本語が話せる人が多く、観光業で働いてるので余程でなければ採用は難しいでしょうけど)

 

ホテルで働く、日本人に観光ガイドを行うという直接お客様に対応する業務が一般的ですが、日系企業を訪れて自社のホテルを使ってもらうよう営業を行う仕事もあります。

 

逆に、台湾人が日本に出張・観光に出かける際のホテルなどの手配や必要な資料をそろえるといった、台湾人向けの旅行サービスの求人もあります。

 

ホテル・旅行・観光業の仕事につくためには?

 

旅行・観光業で働くために必要なスキルは、何といってもコミュニケーション能力です。

 

お客様に満足していただくためには、ホスピタリティを大切にした接客が欠かせません。明るい性格で、突発的なトラブルにも臨機応変に対応できる柔軟性も必要です。

 

また、観光スポットやおすすめの飲食店など台湾の情報に詳しくないと、適切なサービスが提供できません。

 

チケットの手配などの手続きでミスがあると、飛行機に乗れない、宿泊できないなどのトラブルが発生する可能性があります。

 

このようなことが起こると大変ですから、正確に手続きができる慎重さも必要です。

 

 

 

顧客の新規開拓で企業などにホテルの営業を行う職業では、飛び込みで日系企業にコンタクトできる度胸、交渉能力が求められます。

 

語学スキルでは英語と中国語が話せること。

 

しかし語学力以上に、お客様に満足感を与えられる接客技術やコミュニケーション能力が重視されます。

 

 

求人情報から見るこの仕事で貰える平均給与

 

給与や待遇はこれまでの経験やスキルなどによって給料が決まるケースが大半なので、入社前に交渉することも可能です。

 

一般的な目安は18万〜25万円あたりです。正社員として採用されれば、その会社の社内規定に合わせた給与や賞与、手当などが支給されます。

 

営業スキルが高い、観光業界での経験がある場合は優遇されるケースが多くなります。

 

アルバイトで日本人観光客のガイドをする仕事もあります。このような場合は、1人あたりの報酬となります。日本人観光客1人につき1万円程度が相場です。