現地採用(台湾企業や、日系企業)を目指して転職をスタートする

MENU

日系含む現地採用希望者の、台湾転職の進め方

 

台湾への転職を希望している人が求人を探す方法で最もおすすめなのが、台湾で働きたい人と、現地採用の求人を募集している企業の橋渡しをしてくれる転職サービスを利用することです。

 

自分で探すよりも最も確実で、かつ近道となります。転職サービスを利用する方法は、次のとおりです。

 

まず台湾での人材紹介を行っている求人サービスに登録します。

 

折り返し、担当のコンサルタントから電話連絡があり、希望する職種やこれまでのキャリアなどのヒアリングが行われます。

 

このときに、中国語や英語の会話能力をチェックされるのが一般的です。

 

ヒアリングの内容をもとに、キャリアコンサルタントが求人情報を選び、台湾で働ける求人を紹介してくれます。

 

 

事前に必要な書類等

海外に行くのですから、何はなくともパスポートが必要です。

 

また、台湾へ面接に行くときの交通費は支給されません。旅費(ホテル代、交通費、その他)も用意してください。

 

そして、書類選考のための履歴書やクロノロジカル・レジュメなどが必要ですが、具体的な必要書類については、転職サービスの担当コンサルタントに確認してください。

 

 

 

無事に採用が決定したら、就労ビザが必要です。

 

就労ビザは、原則として会社が申請手続きをしますから、自分で用意する必要はありません。

 

 

 

書類選考と面接の進め方

転職サービスのキャリアコンサルタントから紹介された企業に応募することが決定すれば、転職サービスがその企業へ推薦してくれます。

 

企業側はまず、書類選考を行います。書類選考に合格すると、次は面接です。

 

面接は台湾で行われるのが一般的で、二次面接、三次面接まで行う会社もあります。日系企業の場合は、日本で面接をするケースが多いでしょう。

 

企業との面接日程は転職サービスが交渉し、日程を調整してくれるので、日本で働きながら転職活動をしている人も安心です。

 

 

 

採用後の流れと渡航

面接の結果、採用が決定すると、採用通知書が送られてきます。

 

このときに、内定条件をしっかりとチェックし、疑問点があれば転職サービスの担当コンサルタントに確認してもらいましょう。

 

 

採用決定後、企業側は政府機関に労働許可証を申請し、労働許可が下りれば働けるようになります。

 

現地での住まいの手配などは自分で行うケースがほとんどですから、いつから働くのかなどをしっかりと確認し、スケジュールを立てて計画的に行動することが大切です。

 

雇用契約書を交わすときには、その内容を熟読し、自分に不利な条件がないかどうかを確認しましょう。

 

 

 

採用が決まると、転職サービスの任務は完了します。

 

それ以降は転職サービス抜きで、直接企業側と手続きなどを進めていかなければいけません。

 

ただ、入社後も困ったことがあると、フォローをしてくれる転職サービスもあります。

 

転職サービスを選ぶときは、入社後のフォローや、今後のキャリア形成の相談にのってくれる企業を選ぶことをおすすめします。

 

JAC Recruitmentはおすすめできるサービスです。

 

 

慣れない外国での就職は、何かと手続きも煩雑です。

 

現地で困らないように、就職活動を開始するときからしっかりと準備を進めておくことが大切です。

 

わからないことがあれば転職サービスの担当のコンサルタントに確認しましょう。