台湾駐在で働きたい人は多い、ウマク行く転職活動のアレコレ

MENU

台湾勤務のための、本社採用の仕事に携わる

日本企業の海外駐在員として台湾で働く場合は、日本国内で本社採用され、その会社の社員として台湾の現地法人や、海外支社などで働くのが一般的です。

 

日本企業が海外に現地法人や現地事務所を開設する場合、これまでは自社の社員のなかから海外駐在員を派遣するのが一般的でした。

 

しかし、近年はグローバル化が進み、新規拠点の立ち上げを目的とした会社も増えています。このため、海外派遣を前提とした求人も増えてきました。

 

したがって、海外専門の転職サイトで台湾駐在員を募集している企業を探すのが、台湾駐在をするための一番の近道です。

 

台湾への転職を支援する転職サービスでは、日本企業からの求人募集を多く取り扱っています。

 

初めての海外転職の場合は特にそうですが、海外移住に関するさまざまな手続きや準備が必要です。

 

台湾の事情に詳しい転職サービスを利用して、企業を紹介してもらうのが一般的です。

 

駐在での求人を扱っているサービスですと、リクルートエージェントがお勧めです。国内向けでありながらグローバル人材への支援に力を入れているのでサポートしてくれます。

 

日本国内での転職活動と同じでOK

日本企業に転職するのですから、求人応募のために必要な書類は、日本での転職と同じです。

 

履歴書と職務経歴書を用意しましょう。

 

企業によっては、中国語や英語のレベルを確認するために、中国語または英語の履歴書などの提出が必要なケースもあります。

 

 

 

採用後は、基本的にはパスポートを用意すること、台湾で住むために必要なものを用意することくらいです。

 

住まいなども企業が用意してくれる場合もありますが、海外駐在員としての求人の場合、自分で住まいを手配しなければならないケースも目立ちます。

 

面接時などに確認をしておきましょう。

 

渡航前に、現地で必要となるものをリストアップし、忘れないように早めに準備することをおすすめします。

 

また、台湾で車の運転をする場合は、国際免許証の書き換え手続きの準備も必要です。

 

 

 

転職と面接の進め方

面接の仕方も、通常は日本での転職と同様に書類選考に合格したら、面接が行われます。

 

面接は日本で行われるのが一般的ですが、現地で行われることもあります。

 

 

 

採用後の流れと渡航

面接に合格すると、採用となります。

 

日本企業から駐在員として台湾で働く場合は、就労ビザの申請手続きは企業側が行ってくれます。

 

社会保険などの手続きも会社側が行ってくれます。

 

ただ、駐在員の派遣は数年で帰国するケースも多いので、住民票の移動などに関して、採用企業側に確認することをおすすめします。

 

 

 

現地での住まいを自分で手配しなければならない場合は、部屋探しや引っ越しの準備を行います。わからないことがあれば、会社に必ず確認しましょう。

 

日本人は疎かにしがちですが、業務内容だけでなく、給料水準や、賞与、昇給の査定に関しても確認しておくと後で齟齬がなくスムーズになります。

 

事前に労働条件をしっかりと確認し、雇用契約書を熟読して納得してから契約を交わしましょう。

 

この辺の確認事項は、転職サービスのアドバイザが協力してくれる場合があるので、そういったサービスを選ぶことも大切です。

 

 

採用後は就業規則にも目を通しておきましょう。渡航のために必要なものや自分で用意するものは、会社によって異なります。

 

渡航準備でも、わからないことがあれば、細かなことでも会社に聞くなどして、しっかりと確認することをおすすめします。