台湾転勤で日本と台湾を行ったり来たりする仕事の魅力

MENU

台湾転勤ありの日本企業の求人

 

台湾への転勤がある会社は、台湾に営業拠点を持っている会社です。

 

したがって、台湾に進出してている会社を探す必要があります。

 

台湾に進出している日系企業を探すのが一般的ですが、台湾に拠点を持つ外資系企業も多いですから、グローバルに活躍したい人は外資系企業の求人も探してみましょう。

 

台湾への転勤や出張がありそうな業界とは

 

台湾に進出している日系企業は小売業から製造業まで多岐にわたります。

 

まず、どの分野で働きたいのかを明確にし、働きたい業界のなかから台湾に進出している企業を探すのが効率的です。

 

製造業では電子部品メーカー、コンピューターメーカー、電子機器メーカー、光学製品メーカーなどがあります。

 

小売業ではファミリーマートやセブン-イレブンといったコンビニエンスストア、そごうや三越、阪急百貨店などのデパート、無印良品や紀伊國屋書店、オートバックスなどの小売店、ホテルオークラなどのホテルというように、おなじみの店舗が多数進出してます。

 

無難に人材紹介会社を使って転勤が期待できる求人を探すコト

台湾への転勤がある企業への転職を希望する人は、人材サービスを利用することをおすすめします。

 

数多くの台湾進出企業の中から、台湾への転勤がある企業を紹介してくれるので、効率的な転職活動ができるからです。

 

特に台湾やアジアの求人を取り扱っている人材サービスに登録すると、台湾に進出している日本企業の非公開情報を数多く持っているので、転職先が見つけやすくなります。

 

トップページを参照してください。

 

 

日本での採用なので、日本ベースの給与

 

台湾への転勤を希望するなら、中国語や英語の語学力が必要です。また、現地で成果が出せるだけの実力と経験、スキルがなければ採用されません。

 

転勤として現地に駐在する場合、単なる従業員として派遣されるわけではありません。

 

必ず現地での販路拡大や、台湾市場での地位確立などの大きな役割を担っていくことになります。それだけの仕事が任せられると会社側が判断するだけの実績が必要です。

 

昇進して海外への転勤となる場合は、給与や待遇がアップするのが一般的です。

 

同じポジションで転勤する場合も、海外勤務手当が支給されるなど、何らかのインセンティブが支払われます。